腸内環境を改善することが健康への近道!

腸内環境が整っていないと、体調不良、肌荒れ、太りやすい、口臭、体臭の悪化、など様々な症状が現れます。腸内には、腸内細菌がおり、この腸内細菌は善玉菌と悪玉菌に分類されます。読んで字のごとく、善玉菌が増えると体によい影響を及ぼし、悪玉菌が増えると体に悪い影響を及ぼします。では、腸内の善玉菌を増やすには具体的にどうすればよいのでしょうか。

方法は、大きく分けて2つあります。1つは食べ物から善玉菌を増やすものをとる事。一般的には、ヨーグルトに代表される発酵食品に善玉菌を増やす菌が多く含まれていると言われています。その他には、納豆、味噌、醤油など和食に使われる食品にも多く含まれています。また、最近ではサプリメントでも、善玉菌を増やす効果のあるものがあるので、手軽に摂取できるかもしれません。

そして大切なのは、もう1つ。摂取した善玉菌のエサとなる、食物繊維、オリゴ糖を摂取することです。善玉菌と、食物繊維やオリゴ糖の相乗効果で腸内環境は改善していきます。食物繊維が多く含まれる食材は、ごぼうなどの野菜、おから、海藻類などです。

オリゴ糖を多く含む食材は、牛乳やバナナ、ハチミツなど。それらの食材を、バランスよく摂取する事が、腸内環境改善への近道となります。
また、善玉菌は過剰なストレスによって減少してしまいます。正しい食生活に加え、ストレスを貯めない生活が腸内環境を改善し、不調を遠ざける体作りに欠かせません。