ほんの少しの心がけで腸内環境を改善する方法

子どもの頃は毎朝あった排便が、今では数日に一度、しかもコロコロのウサギのような・・・状態で。なおかつ臭いんですよね。肌荒れもひどくなりましたし、どことなくだるくて身体の調子が悪いですし、きっとお腹の中は悪玉菌でいっぱいなんだろうな、と怖くなりました。

まだまだ人生長いですし、腸内環境を改善しよう!と思い始めたのは40歳手前のこと。やっぱり人生は「健康」でないと楽しく過ごせませんからね。悪玉菌を減らして善玉菌を増やす方法について自分なりに調べてみました。

1.規則正しい生活を送る
睡眠不足や運動不足、ストレスを溜めてしまうと、腸内環境を負の状態に変化させてしまうんだとか。早寝早起き、7時間睡眠をしっかりとって規則正しい生活を送るように心がけよう、と思いました。

2.野菜をたくさん食べる
甘い野菜はNG。レタスやキャベツ、玉ねぎやアボカド、ネバネバ系野菜のオクラやもずくも腸内環境改善に役立つんだそうです。考えてみると、野菜・・・あまり摂ってなかったんですよね。肉中心になってしまっていました。気をつけたいと思います。

3.発酵食品を摂る
善玉菌が増えるんだそうです。ヨーグルトや納豆、チーズ、味噌、醬油などなど、積極的に食べようと思いました。キムチなんかもいいそうです。ヨーグルトには乳酸菌も入っています。腸まで届くものを選んで食べるといいですね。

4.オリゴ糖を摂る
善玉菌の栄養源となるオリゴ糖を摂るのがおすすめです。大切なのは「毎日続けて摂ること」。食後、無糖ヨーグルトにオリゴ糖のシロップを入れて食べるのが◎です。

少し、の心がけでできることがいっぱい見つかりました。これからはできる限り実行して、腸内環境をきれいに、そしてその状態を保ち続けることができるよう努力し続けたいと思います。